活動内容

地域社会学会は、高度経済成長政策期の地域開発等により、「地域」が開発の対象となり、その結果、農工格差、都市と農村の格差拡大や、多くの公害問題が激発していた1975年に発足しました。本学会は、主として、都市社会研究や農村社会研究者が集まり、地域社会の諸問題に接近し、かつ、経験科学、実証性に根ざした研究を行おうとして組織化されました。2015年の大会で40周年を迎えました。2020年11月現在の会員数は392名となっています。

本学会は、研究委員会の主催する年4回程度の研究例会、年次の大会(例年5月)、編集委員会が編集する『地域社会学会年報』、事務局が適宜発刊する「地域社会学会報」等の運営を行っています。

役員構成
2022-2023年度の役員
会長: 町村敬志(東京経済大学)
庶務担当理事[事務局統括]: 松宮朝(愛知県立大学)
財務担当理事[事務局]: 松木孝文(大同大学)
WEB担当[事務局]: 木田勇輔(椙山女学園大学)
研究委員会委員長:
編集委員会委員長:
国際交流委員会委員長(兼ISA-R21担当):
学会賞担当:
社会学系コンソーシアム担当:
理事: 浅野慎一 (摂南大学) ・伊藤亜都子 (神戸学院大学) ・木田勇輔(椙山女学園大学) ・小山弘美(関東学院大学) ・齊藤綾美(東北文化学園大学) ・佐藤洋子(高知大学) ・清水洋行(千葉大学) ・高木竜輔(尚絅学院大学) ・田中里美(都留文科大学) ・玉野和志(東京都立大学) ・中澤秀雄(上智大学) ・舩戸修一(静岡文化芸術大学) ・前島訓子(愛知淑徳大学) ・町村敬志(東京経済大学) ・松木孝文(大同大学) ・松宮朝(愛知県立大学) ・丸山真央(滋賀県立大学) ・望月美希(静岡大学) ・山下祐介(東京都立大学) ・吉野英岐(岩手県立大学)
監事: () ・ ()
研究委員会
委員長:
副委員長:
委員:
編集委員会
委員長:
副委員長:
委員:
国際交流委員会
委員長:
委員:
学会賞選考委員会
委員長:
委員:
2022年度 第48回大会事務局
大会実行委員会: ()
インフォメーション
学会賞
地域社会学会では、2007年度に地域社会学会賞の制度を設けました。
学会賞は、地域社会学をはじめ広く地域社会研究において優れた成果をあげた会員に対して、これを顕彰し、学会活動のさらなる発展に寄与することを目的とするものです。
学会賞の選考対象となる研究成果について、上記の選考委員による推薦とともに、自薦・他薦が可能です。詳細は、下記の学会賞選考規定を御覧ください。
「地域社会学会賞選考規定」(pdf)
最新の学会賞
2021年度「第15回地域社会学会賞」(pdf)
これまでの学会賞
倫理綱領
地域社会学会は学会としての独自の倫理綱領を設けました。下記を御覧ください。
「地域社会学会倫理綱領」(pdf)
著作権規定
地域社会学会は学会としての独自の著作権規定を設けました。下記を御覧ください。
「地域社会学会著作権規定」(pdf)
会員からの情報提供のお願い
研究成果情報の登録
地域社会学会では、会員のみなさまの研究成果の情報提供をお願いしております。みなさまから収集した情報は、会報(学会HP版含む)にて公開するとともに、今後の研究例会・大会シンポジウム、学会誌編集の企画および学会賞選考等の参考として活用いたします。何卒、ご協力いただけますようお願いいたします。
※登録は、2019年以降に刊行された研究成果についてお願いいたします。
※登録にあたって、以下の登録用紙をご覧の上、登録様式にある書誌情報をメールにて地域社会学会事務局宛にお寄せ下さい。メールがお使いになれない場合は、登録用紙に直接書き込んで学会事務局宛にFaxしてください。転記ミスを防ぐうえで、できるだけメールでお送りいただけますと助かります。
「研究成果情報の登録用紙」(Word)
研究成果情報の公開
地域社会学会事務局に寄せられた会員の研究成果情報を「WEB版会報」内で公開しています。
連絡先
学会事務局所在地・連絡先
事務局
〒480-1198
愛知県長久手市茨ケ廻間1522-3
愛知県立大学教育福祉学部
松宮朝研究室内  
Tel: ()
Fax: ()
E-mail: jarcs.office◎gmail.com[←◎は@に直して送信してください(スパム対策)]
郵便振替: 地域社会学会 00150-2-790728
※書評献本をしてくださる出版社様へのお願い
書評用献本の送付先は上記とは異なります。
別途送付先をお知らせしますので、事前に上記事務局まで電子メールでご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。
ページの先頭へ