地域社会学関連の情報を掲載するページです。
情報の掲載を希望される方は、地域社会学会事務局<jarcs.office@gmail.com>までメールにて御依頼下さい(メールアドレスの@は送信時に半角に直してください[スパム対策])。その際、件名に「HP情報掲載希望」と明記の上、本文または添付ファイルに掲載希望の文面を清書したものをお送り下さい。

関東社会学会第70回大会のお知らせ

関東社会学会から第70回大会のお知らせがありました。
----------------------------------------------------
2022年6月18日・19日 関東社会学会第70回大会
テーマ部会A「コロナ禍の経験を社会学としてどう捉えるか」(6月18日)
テーマ部会B「新しい調査法と社会調査教育」(6月19日)
【会場】 オンライン(zoom)
【登録】 要事前登録(締切:6月13日(月)9:00)
http://kantohsociologicalsociety.jp/congress/information.html

ページの先頭へ

「東海村「地域社会と原子力に関する社会科学研究支援事業」」の募集期間延長について

一般社団法人学際研究・協働ネットワークより「東海村「地域社会と原子力に関する社会科学研究支援事業」」の募集期間延長に関するお知らせがありました。
------------------------------------------
募集期間延長します!
【研究募集】東海村 地域社会と原子力に関する社会科学研究支援事業

公募の内容:
 東海村では、地域社会と原子力に関わる社会科学・政策科学の研究を支援します。政治学・政策学・経済学・社会学・法律学・地域行政学など,多様な社会科学・政策科学分野の研究が対象になります。また,科学技術リスクのガバナンス,エネルギー政策における国と地方の関係,電源立地地域の諸制度の問題,コミュニケーションや防災など,多様な学問分野を統合した研究も支援対象です。

募集条件:
(1)募集期間  2022年4月1日〜6月20日(月)17時必着
(2)応募条件
  国内外の研究者等(所属は問わない) 45歳以下(応募時点)
(3)支援金額  総額 200万円(2〜3件を予定)

応募に関する情報および問い合わせ先:
応募に関する情報は下記サイトを参照してください。
http://www.tonerico2.org/itaku/itaku-index.html

応募内容についてのご質問は,下記の本件を含む事業を受託している一般社団法人学際研究・協働ネットワーク担当者へメールでお問い合わせください。
メールアドレス office-tonerico@tonerico2.org
担当者名 土屋智子

ページの先頭へ

『都市社会研究』論文募集について

せたがや自治政策研究所より『都市社会研究』論文募集についてのお知らせがありました。
詳しくは以下のPDFをご覧ください。
http://jarcs.sakura.ne.jp/main/bulletin/files/20220425a.pdf

ページの先頭へ

長寿科学振興財団から研究公募のお知らせ

長寿科学振興財団から研究公募のお知らせがありました。
詳細については以下のPDFをご覧ください。
http://jarcs.sakura.ne.jp/main/bulletin/files/20220425b.pdf

ページの先頭へ

「国立水俣病情報センター資料室の資料目録の公開」のお知らせ

国立水俣病情報センター(国立水俣病総合研究センター機関)より以下のお知らせがありました。
-------------------------------------------
水俣病情報センター資料室利用について 環境省国立水俣病総合研究センター

○水俣病情報センターについて
水俣病情報センター(以下「情報センター」)は、環境省国立水俣病総合研究センターの付属施設として、平成 13 年(2001)6月にエコパーク水俣「まなびの丘」に開館しました。
情報センターは、@水俣病に関する資料・情報を一元的に収集、保管、整理し、広く提供するとともに、水俣病に関する研究を実施する機能、A展示や情報ネットワークを通じて研究者や市民に広く情報を提供する機能、B水俣病に関する学術交流等を行うための会議を開催する機能等を備えた施設です。
また、内閣総理大臣より「歴史資料等保有施設」として平成 23(2011)年4月に指定を受けており、3階の第1・2資料室では、水俣病に関する資料や書籍などを収集・保管しており、当該資料の閲覧ができます。

○資料室の利用について
これまで、保管資料の目録は、3階の閲覧室に設置された PC
において閲覧、資料検索をすることができましたが、利用可能であることが広く知られておらず、保管されている貴重な資料の利活用が進んでいません。
そこで、令和4年度に情報センターの HP をリニューアル公開し、保管目録を HPに掲載することで、より広く第1・2資料室を活用いただける環境を整備しました。水俣病及び水銀研究に役立てていただければ幸甚に存じます。
(掲載ページ)
http://nimd.env.go.jp/archives/facility_information/reference_room/

○利用方法
第1資料室:目録参照の上、入室、閲覧をご希望の方は、1階事務室の職員までお申し付けください。
第2資料室:資料の閲覧を希望する場合には事前の申請が必要となります。目録で事前に閲覧を希望する資料を特定した上で、閲覧申請書をメール又はファックスにてご提出をお願いいたします。1 回の閲覧申請で 5 件までの資料閲覧を申請することが可能です。
E-mail: JOUHOU_CENTER@env.go.jp
FAX: 0966-62-8010
閲覧申請書を受領した後、閲覧可能日をお知らせいたしますので、閲覧可能日以降に来館ください。閲覧資料を準備しますので、来館日が決まりましたら事前にご連絡をお願いいたします。

ページの先頭へ