地域社会学関連の情報を掲載するページです。
情報の掲載を希望される方は、地域社会学会事務局<jarcs.office@gmail.com>までメールにて御依頼下さい(メールアドレスの@は送信時に半角に直してください[スパム対策])。その際、件名に「HP情報掲載希望」と明記の上、本文または添付ファイルに掲載希望の文面を清書したものをお送り下さい。

2018年安倍フェローシップの奨学研究者募集と申請説明会のお知らせ

2018年安倍フェローシップの奨学研究者募集と申請説明会のお知らせが届きましたのでお知らせします。

----------
私ども米国社会科学研究評議会(SSRC)と国際交流基金日米センター(CGP)とが共催する安倍フェローシップ・プログラムでは、現在社会科学および関連分野の個人研究プロジェクトを公募いたしております。

安倍フェローシップの申請はSSRCのホームページ上http://soap.ssrc.orgにてオンラインで受け付けています。詳しくは以下をご覧ください。

http://www.ssrc.org/fellowships/abe-fellowship/ 申請締め切りは9月1日です。

安倍フェローシップ・プログラムの詳細は www.abefellowship.info をご参照ください。

また、プログラム内容およびオンライン申請についての疑問点にお答えする安倍フェローシップ申請説明会を東京(7月3日)、京都(7月9日)で開催をします。応募をお考えの方は是非ご参加ください。

[東京説明会]
日時:2018年7月3日(火曜日) 15時〜16時30分
場所:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)2階 ホール[さくら]
講師:荒木尚志(2012年安倍フェロー)東京大学大学院法学政治学研究科 教授

[京都説明会]
日時:2018年7月9日(月曜日) 14時〜15時30分
場所:京都大学 学術研究支援棟 地下会議室
講師:速水洋子(2015年安倍フェロー)京都大学東南アジア地域研究所 教授


参加ご希望の方はEメールまたはファックスで、氏名、所属、電話番号、Eメール、出席を希望する説明会(東京、京都)を明記の上、お申し込みください。


安倍フェローシップについて何かご質問等ございましたら、ご遠慮なくご連絡くださ
い。

どうぞよろしくお願い致します。

問い合わせ先:
米国社会科学研究評議会(SSRC)東京事務所
安倍フェローシップ・プログラム
Tel: (03) 5369-6085 Fax: (03) 5369-6142
Email: ssrcABE@gol.com> ssrcABE@gol.com

ページの先頭へ

NHK番組アーカイブス学術利用トライアル研究発表会2018 のお知らせ

NHKから下記の案内がありましたのでお知らせします。

----------

NHKアーカイブスの学術利用公開では、これまで150組の
大学研究者の皆さまにご利用いただき、そこから67本の
研究論文が生まれています。
その状況を踏まえ、今年度より年1回の研究発表会を催すこと
になりました。毎回5組の研究者の方に、映像アーカイブ利用
ならではの研究成果を、一部番組映像も使いながら発表して
いただきます。映像アーカイブ研究にご興味のある方は、
どうぞご参加ください。
<今年度の開催>
日時   7月14日(土)13時〜18時 
場所   東京港区愛宕  NHK放送博物館
★参加申込み等の詳細は、NHK番組アーカイブス学術利用
トライアルホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

ページの先頭へ

地区防災計画学会より、2018年度第1回地区防災学会シンポジウムのお知らせ

地区防災計画学会より、シンポジウム「九州北部豪雨から1年を振り返って 〜九州北部豪雨の教訓と地域防災力の在り方〜」のお知らせが届きました。

--------------------
日時 2018年7月28日(土) 13時〜16時半(予定) ;12:30〜受付開始予定
場所 九州大学 大橋キャンパス多次元デザイン実験棟 (福岡市南区)
対象 地域防災力の強化に興味のある方(参加費無料) 定員150名
申込は地区防災計画学会HPへ http://www.gakkai.chiku-bousai.jp/

40名以上の死者・行方不明者を出した九州北部豪雨から1年が経過しました。記録的な
短時間での降雨による災害が残した教訓には多様なものがあります。本シンポジウムでは、
九州北部豪雨の教訓を踏まえたコミュニティや企業による地域防災力の強化や地区防災
計画づくりの在り方について考えます。

【プログラム】
(司会)
尾方義人 九州大学芸術工学研究院准教授
(報告)
室ア益輝 兵庫県立大学教授(地区防災計画学会会長)
矢守克也 京都大学防災研究所教授
加藤孝明 東京大学生産技術研究所准教授
林 秀弥 名古屋大学大学院法学研究科教授
縄田健悟 福岡大学人文学部講師
前田享史 九州大学芸術工学研究院教授
朝廣和夫 九州大学芸術工学研究院准教授
中村美亜 九州大学芸術工学研究院准教授
藤 智亮 九州大学芸術工学研究院准教授

(パネルディスカッション)「地区防災の本質と多様」
モデレーター:西澤雅道 前福岡大学法学部准教授(内閣官房企画調整官)
パネリスト :室ア益輝、矢守克也、加藤孝明、林 秀弥、朝廣和夫、中村美亜、尾方義人

どなたでも参加できます(参加無料)ので、ぜひ御参加ください。
また、本情報のHPへの転載、関係者への情報提供等をいただけますと大変助かります。
何卒よろしくお願いいたします。

【連絡先】
地区防災計画学会事務局
530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
一般財団法人関西情報センター気付
MAIL:info@gakkai.chiku-bousai.jp

ページの先頭へ

環境社会学会より、環境三学会合同シンポジウムのお知らせ

環境社会学会より、環境三学会合同シンポジウムのお知らせが届きました。

--------------------

環境三学会合同シンポジウム 2018
『SDGs時代の社会デザインを考える:人文社会科学からの新たな挑戦』

SDGs時代に対する人文社会科学ならではの挑戦のあり方とは?
現場と向き合い続けてきた環境三学会が、新たな学問の姿とSDGsへの貢献について議論します。

【日時】2018年6月23日(土) 13:00〜17:30 (開場12:30)
【場所】明治学院大学 白金キャンパス 3号館 3101教室
【参加費】無料
【申込】メールかFAX:準備の都合上6月15日までにお知らせください
メールアドレス : 3gakkai2018@gmail.com
FAX : 047-136-4801
趣旨の詳細やポスターはウェブサイトをご覧ください。
http://www.jaes.jp/report_a/seminar_a/2018/4430

【プログラム】
開会挨拶(13:00〜13:10):谷口吉光(環境社会学会会長/秋田県立大学教授) 
趣旨説明(13:10〜13:20):
福永真弓(環境社会学会/東京大学准教授)
富田涼都(環境社会学会/静岡大学准教授)
第一部 報告(13:20〜15:40):
蟹江憲史(環境経済・政策学会/慶應義塾大学教授)
清水万由子(環境社会学会/龍谷大学准教授)
礒野弥生(環境法政策学会/東京経済大学名誉教授)

休憩(15:40〜16:00)
第二部 パネルディスカッション(16:00〜17:20)
コーディネータ:福永真弓
パネリスト:第一部報告者3名とコメンテータ(下記2名)
秦康之(環境省 環境計画課長)
川廷昌弘(博報堂 広報室CSRグループ推進担当部長)
フロアからの質問への応答を交えた総合討論
閉会挨拶(17:20〜17:30):大塚直(環境法・政策学会/早稲田大学教授)

ページの先頭へ

せたがや自治政策研究所より、学術機関誌『都市社会研究』への投稿原稿の募集

せたがや自治政策研究所より、学術機関誌『都市社会研究』への投稿原稿の募集が届きました。

詳細は、下記URLよりPDFファイルをダウンロードしてご確認ください。
http://jarcs.sakura.ne.jp/main/bulletin/files/20180417toshisyakaikenkyu.pdf

ページの先頭へ