地域社会学関連の情報を掲載するページです。
情報の掲載を希望される方は、地域社会学会事務局<jarcs.office@gmail.com>までメールにて御依頼下さい(メールアドレスの@は送信時に半角に直してください[スパム対策])。その際、件名に「HP情報掲載希望」と明記の上、本文または添付ファイルに掲載希望の文面を清書したものをお送り下さい。

日本学術会議より、文部科学省「科研費改革説明会」開催のご案内

日本学術会議より、文部科学省「科研費改革説明会」開催のご案内が届きました。

--------------------

■--------------------------------------------------------------------
 文部科学省「科研費改革説明会」の開催について(ご案内)
---------------------------------------------------------------------■

文部科学省研究振興局学術研究助成課


平素より科学研究費助成事業(科研費)について御協力をいただき心より感謝申し上げます。
現在、科研費改革の一環として「研究種目の見直し」や「審査システムの改革」を進めており、平成30年度公募(平成29年9月実施予定)より、新たな審査区分表及び審査方式の導入など大きな変化が生じます。
これに伴い、制度の変更点や考え方等も含めた科研費改革説明会を以下の日程により2会場で開催しますので、御案内申し上げます。
詳細は以下の案内及びURLを御覧ください。

■概要
名 称:科研費改革説明会
日時及び開催場所:
(1)東日本会場
 平成29年6月8日(木)13時30分〜16時予定
 於:東京大学 安田講堂
(2)西日本会場
 平成29年6月15日(木)13時30分〜16時予定
 於:関西学院大学 中央講堂
対象:研究者
(一般公募、(1)東日本会場:先着1000名、(2)西日本会場:先着1100名)
主催:文部科学省、独立行政法人日本学術振興会
説明会に関する詳細・申し込み
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/1362786.htm
【留意事項】
※参加登録は、上記URLから参加登録フォームに必要事項を記入し登録をお願いします。
※参加登録受付期間は、「平成29年5月10日(水)〜5月24日(水)」としております。(説明会についての周知期間を設けた上で、登録を開始する予定です。)
※先着順とし、会場の都合により定員に達した時点で登録を締め切らせていただく場合がありますので、その旨あらかじめ御了承願います。
※東日本会場での説明会におきましては、開催の模様を撮影させていただきます。撮影した動画は、説明会に参加できない研究者や科研費事務担当者の方々のため、後日、文部科学省のホームページに掲載します。
■お問い合わせ先:(メール) gakjokik@mext.go.jp
文部科学省 研究振興局学術研究助成課研究費総括係
Tel 03-5253-4111(内線4091、4309)
(ダイヤルイン 03-6734-4091)
fax 03-6734-4093

ページの先頭へ

同志社大学社会学部社会学科より、専任教員募集のご案内

同志社大学社会学部社会学科より、専任教員募集のご案内が届きました。

--------------------

同志社大学社会学部社会学科「専任教員公募要領」(一部抜粋)

 採用職名および人員:准教授1名(採用時の職位は経歴・業績等を勘案して決定する)
 専門分野:地域社会・地域文化に関わる社会学的研究
      (文化人類学・地理学など隣接領域を含む)
 応募締切日:2017年6月23日(金)17時必着
       *書留郵便または宅配便で送付してください。
       *社会学部事務室窓口への書類持参は受け付けません
 着任時期:2018年4月1日

詳細は、同志社大学の教員採用(社会学部)のページをご覧ください。
     https://www.doshisha.ac.jp/doshisha/recruit/social_studies.html

ページの先頭へ

科学技術振興機構 社会技術研究開発センターより、研究提案募集のご案内

科学技術振興機構 社会技術研究開発センターより、研究提案募集のご案内が届きました。

-------------------

科学技術振興機構 社会技術研究開発センター「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域 提案募集のお知らせ

「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域(http://www.ristex.jp/pp/)では、ドメスティック・バイオレンス、ネットいじめ、孤独死など、発見・介入しづらい空間や関係性における危害を予防・低減し、安全な暮らしの創生に貢献する研究提案を募集します。

■公募期間
 4月14日(金)〜 6月8日(木)正午
■募集説明会
 ●(東京)4月26日(水)JST東京本部 B1大会議室
 ●(京都)5月11日(木)メルパルク京都 5 階 会議場 A
★公募情報詳細と説明会参加申込みはこちらから
 http://ristex.jst.go.jp/proposal/current/proposal_2017.html

<お問い合わせ>
JST社会技術研究開発センター(RISTEX) 企画運営室 募集担当
E-mail: boshu@jst.go.jp Tel:03-5214-0133 
「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域:http://www.ristex.jp/pp/

ページの先頭へ

特定非営利活動法人HSEリスク・シーキューブより、研究支援事業のご案内

特定非営利活動法人HSEリスク・シーキューブより、研究支援事業のご案内が届きました。

--------------------

【研究募集】東海村地域社会と原子力に関する社会科学研究支援事業

公募の内容:
 東海村では、地域社会と原子力に関わる社会科学・政策科学の研究を支援します。政治学・政策学・経済学・社会学・法律学・地域行政学など,多様な社会科学・政策科学分野の研究が対象になります。また,科学技術リスクのガバナンス,エネルギー政策における国と地方の関係,電源立地地域の諸制度の問題,コミュニケーションや防災など,多様な学問分野を統合した研究も支援対象です。

募集条件:
(1)募集期間  平成29年4月1日〜5月11日(木)必着
(2)応募条件
  国内外の研究者等(所属は問わない) 45歳以下(応募時点)
(3)支援金額  総額 200万円(2〜3件を予定)

応募に関する情報および問い合わせ先:
応募に関する情報は下記サイトを参照してください。
 http://hse-risk-c3.or.jp/itaku/itaku-index.html
 応募内容についての問い合わせ先
  特定非営利活動法人HSEリスク・シーキューブ
office@hse-risk-c3.or.jp
担当:土屋智子

ページの先頭へ

地区防災計画学会事務局より、シンポジウム「熊本地震から1年を振り返って〜熊本地震の教訓と地域防災力の在り方〜」のご案内

地区防災計画学会事務局より、シンポジウム「熊本地震から1年を振り返って〜熊本地震の教訓と地域防災力の在り方〜」のご案内が届きました。

-------------------

シンポジウム
「熊本地震から1年を振り返って〜熊本地震の教訓と地域防災力の在り方〜」

概要:熊本地震が発災してから1年が経過しました。災害関連死等を含めると熊本地震で亡くなった方は200人を超えており、熊本地震が残した防災に関する教訓には多様なものがあります。本シンポジウムでは、これまでの地区防災計画学会における熊本地震に関する議論を踏まえつつ、コミュニティや企業による地域防災力の強化や地区防災計画制度の在り方について考えます。

主催:地区防災計画学会
   福岡大学福岡・東アジア・地域共生研究所
   情報通信学会災害情報法研究会
後援:公益財団法人江頭ホスピタリティ事業振興財団
日時:2017年4月8日(土)13時〜16時半(予定)
場所:福岡大学文系センター棟
  http://www.fukuoka-u.ac.jp/aboutus/facilities/map.html
シンポジスト:(変更の場合あり)
  室崎益輝 神戸大学名誉教授(地区防災計画学会会長)
  矢守克也 京都大学防災研究所教授(地区防災計画学会副会長)
  高橋隆雄 熊本大学名誉教授
  島谷幸宏 九州大学工学研究院教授
  加藤孝明 東京大学生産技術研究所准教授
  磯打千雅子 香川大学 IECMS地域強靭化研究センター特命准教授
  西澤雅道 福岡大学法学部准教授(内閣府より派遣)
参加:参加費無料
対象:地域防災力の強化に興味のある方
※申込は地区防災計画学会HPから
  http://www.gakkai.chiku-bousai.jp/ev170408.html

ページの先頭へ